医学部の予備校のメリット

学力が高い受講生が多くいるため学習意欲を保ちやすい

医学部の予備校に通うメリットはいくつもありますが、一般的な予備校と比べて学力が高い受講生が多くいるため、受験当日まで学習意欲を保ちやすいのが大きな魅力と言えます。有名な医学部の予備校の中には、入会の際に選抜試験を実施しているところが少なくなく、一定以上の学力を持つ限られた人しか受講できない授業もあります。最近では、受講生の学習意欲を高める目的で、個別指導のサポートを強化したり、授業の前後に利用できる自習室を整備したりする医学部の予備校も登場しています。なお、予備校の教育方針やカリキュラムによって、選択できるコースの種類に違いがあるため、なるべく複数の予備校の資料を参考にしてじっくりと入会先を選ぶのがおすすめです。

学力試験の他に面接や小論文の対策をしてくれるところもある

医学部の予備校の中には、学力試験の他に面接や小論文の対策をしてくれるところもあり、志望校の二次試験を効率良く突破したい人にとって大きなメリットがあります。人気のある予備校においては、入会をする前に希望の科目の模擬授業を受けられたり、各科目の担当の講師や受付のスタッフと相談ができたりするところもあり、初めて本格的な予備校に入会をする人も安心です。医学部の予備校の具体的な受験対策の内容については、進学情報誌など様々なメディアで度々紹介が行われることがあります。そのため、予備校に入会をしてから、自分の習熟度に応じて無理なく学習を進めるうえで、早いうちから各予備校のシステムをきちんと比較することが大切です。

医学部の予備校の個別では先生の質を重視しましょう。医学部は最難関の場所ですから先生の優劣によって合格できるかどうかがかわってきます。