医学部の予備校と一般の予備校の違い

医学部受験に特化した予備校

医学部の予備校が一般の予備校と違っているのは、難関と言われる医学部受験をする人のために特化した指導をしていることです。一年生や二年生から通い始めたとしても、最終的に医学部を受験することを見据えた授業を受けていくことになります。医学部では医学知識や医学英語などの理解が求められることも多く、医療時事に関する知識や意見も求められるのが特徴です。癖のある出題をする大学も多いため、医学部に特化した受験対策をすることが必要になります。一般の予備校で行われるような国語や数学などの各科目の受験対策もすることができますが、それに加えて医学部受験のために必要なノウハウを伝授してもらえるのが医学部の予備校の特徴です。

大学別にクラスを設けていることもある

医学部の予備校は特化している点が特徴なので、予備校によってはさらにその観点からクラス分けをして細分化しています。医学部と一言で言ってもたくさんあるため、出題の傾向に違いがあるのは確かでしょう。どこも偏差値が高い難関校なのも事実ですが、その間にもかなり大きな差があります。その中のどの大学を目指したいのかによってやるべき対策も異なるため、大学別にクラスを設けて指導をしている予備校も多いのです。特にトップクラスの難関大学の医学部を目指す人たちのために別枠でクラスを設けているのが目立ちます。そのクラスに選ばれた人たちが合格することで予備校の評判も上がるため、必死の受験対策をしてくれるのが一般的になっています。